COMPANY会社案内

  1. HOME
  2. 会社案内

代表挨拶

取締役社長 亀山幸男

弊社は、昭和54年(1979年)に有限会社中村電設として創業致しました。
当時の日本の電力事情は、東京電力において国内初の福島第一原子力発電所1号機が昭和46年(1971年)より稼働し、その後関西電力、中部電力と足並みをそろえて原子力発電所の建設、送電線網の敷設が後に続きました。
その送電線網の建設の一端を手伝わせて頂いたのが、弊社の始まりで御座います。

送電線工事は、山間高地にて100トンの鉄塔を建設する作業であり、
随所に特殊な技術を要し、それが弊社の技術の根幹であると確信しております。

現在では、移動通信基地局建設工事全般、及び官公庁等の通信網工事を手伝わさせて頂いておりますが、他社には無い鉄塔組立の経験を活かし、重機使用が困難な場所でのデリック・台棒工法による機器材の搬入出、足場組立に障害がある場所での特殊吊足場の採用により、安全面、経済面でお客様にご協力させて頂いております。

近年は周辺環境の変化が著しく、通信業界も大きく変化を遂げております。
弊社は、何よりもお客様の要望に答えることを重点に置き、建設工事の技術力を高め安全品質を確保し、コンプライアンスに基づく誠実かつ信頼される企業を社員一同で取り組んでおります。

取締役社長 亀山幸男

会社概要

会社名
株式会社 中村電設
設立
1979年(昭和54年)
所在地
大阪府茨木市水尾2丁目4番10号
資本金
1,000万円
従業員
21名(平成26年4月1日付)
電話番号
072-634-3389
FAX
072-637-1989
会社概要

沿革

1979年(昭和54年)
有限会社中村電設を設立
鉄塔建設工事を主たる業務とする
1989年(平成元年)
電気通信マイクロ鉄塔建設を開始
1994年(平成6年)
有限会社中村電設より
株式会社中村電設に社名変更
1995年(平成7年)
阪神・淡路大震災の発生による通信鉄塔震災復旧工事
翌年より、通信鉄塔耐震補強工事開始
1997年(平成8年)
総務省、電波監理システム設備工事開始
2000年(平成12年)
鉄塔建設会社より基地局全般施工会社へと業務内容を拡大する
2008年(平成20年)
通信キャリア、オペレーションセンター工事(所内工事)開始
2014年(平成26年)
亀山幸男(前専務取締役)取締役社長に就任

現在に至る

アクセス

所在地
大阪府茨木市水尾2丁目4番10号
お問い合わせ先
072-634-3389 
交通のご案内
阪急京都線南茨木駅徒歩13分
大阪モノレール南茨木駅徒歩13分